会社では、どんな仕事があるの?部署と業務について

2022/01/09

会社では、どんな仕事があるの?部署と業務について

会社や企業には様々な部署があります。

リコモスでは、専属キャリアアドバイザーがあなたに合った仕事を探し会社とのマッチングをしていきます。

「紹介されたけど、どんな仕事なの?」「総務部って何をするの?」など

一般企業に存在している部署を紹介していきたいと思います。

 

なぜ会社や企業には部署があるか

なぜ会社には部署が存在して分かれているのか、理由をお話したいと思います。意外に知らなかった、考えた事もなかった人へにも説明していきます。

 

「専門性の向上」

まず最初に部署が様々存在している理由として考えられるのは「専門性を高くする目的」があります。

部署を作って役割分担をし、特化した範囲の業務をする事で専門分野の業務ができるようになるからです。

 

「会社内の効率化」

部署がない場合、毎回従業員や社員が異なる業務をする事になり、経験や能力、専門性の向上が出来ずに結果的に業務の効率が悪くなってしまいます。部署を作って各部署の従業員が特定の仕事を毎回こなす事で、経験が積まれ専門的な知識や行動が精度高く出来るようになりますから結果的に会社内業務の効率性を高める事も出来ます。

 

部署にも会社内では各種類があります。

一般企業でよくある部署と役割

 

人事部

会社の中でも最も需要な「人材」について担当する部署です。採用や研修なども担当しますし、採用計画をした上で「採用人数」「募集職種」を定め、求人募集や面接、内定後の入社手続きなども担当します。

社員の能力開発も人事部の業務なので育成や社内・社外研修なども行います。各社員の人事適正評価の業務も役割としてあり、給与管理や労務管理なども行います。

 

経理部

会社内のお金の流れを管理する部署です。

会社経費や外部支払いなどの支出、売掛金の回収業務など適切に帳簿に記載し、実際のどれだけの金額が出たかを報告してきちんと見えるようにしていきます。決算書の作成や伝票、請求書などの仕分け管理をしながら、決算資料を作成して試算表・決算書に最終的にまとめていき、日々の会社内のキャッシュフローを管理する部署です。

 

総務部

説明が難しいですが、「会社の運営上、必要な業務の他部署が管轄ではない業務のすべてを担当」する部署です。会社によって総務部の業務は様々です。他部門・他部署のサポート的な役割をして、社内の各部門の効率化を図るための業務が一般的です。具体的に何をするかというと様々で、社内旅行や社内イベントの企画運営や株主総会などがある場合の準備運営、会社内での備品管理や電球・文房具やコピー用紙などの備品管理・在庫管理・発注業務、会社内での備品故障や修理業者への対応などがあります。専門性は求められないケースも多いので地味に思われますが、他の部署ではフロアや階が違うと、社員同士の交流がない場合も多いので円滑になるようにフォローをしたり、ビジネスマナー・コミュニケーション能力も必要です。総務という名前なので総合業務といっても過言ではありません。実は一番覚える事や日々のやること必ずあるので需要も多い部署でもあります。

 

法務部

会社・企業を運営していく上で法律知識が必要な業務を担当します。

会社の経営での法律相談は勿論、現場に出ている社員から問題があった場合に法律的に対処するために適切なアドバイスをしなければなりません。コンプライアンスが厳しくなっている昨今では特に重要な部署になります。契約書が適切かどうか判断したり、取引先などの契約が法的に適切かどうかを確認したりもします。会社に対する訴訟や紛争・協議などが社内外であった場合は、問題解決に向けて顧問の弁護士や社労士、税理士などと協力しつつ対応していくのも、法務部での仕事の一つになります。

 

営業部

顧客・ユーザーに対しアプローチを実施し、商品・製品やサービスを売り込み活動をする部署です。自社の商品・製品・サービスの特徴やメリットなどを十分過ぎるほど理解した上で説明して売り込みをすることが営業部のメイン業務です。会社の看板を背負って業務をする現場で最も大切な部署になります。また売掛金回収・契約後の売掛金の未払いを防ぐようにしっかり対策していくことも営業部の業務です。

 

技術部

顧客・ユーザーに提供する商品・製品・サービスの設計・開発をする部署です。商品・製品・サービスに対して、マーケティング部門や営業部などから意見を取り入れて顧客・ユーザーが求めている商品・製品・サービスを設計・開発することが主な業務です。商品・製品・サービスの提供後の保守やメンテナンスも技術部も仕事の一部です。

 

情報システム部

企業社内で利用しているシステムの開発や管理、保守メンテナンスなどを担当する部署です。システム部では社内業務の効率化をするために各種のシステムの開発や導入を通し会社業務の効率化を実現し、既存のシステムの不具合の管理や適切に稼働していけるように保守対応をします。社内で社員からのシステムに関する質問や相談の対応など、ヘルプ対処も業務です。

 

マーケティング部

企業のマーケティング業務全般を担当する部署です。

商品・製品・サービスの企画から市場調査・リサーチなどを通じて、顧客・ユーザーへのニーズを満たすような物を企画しないといけません。

徹底したリサーチと分析のもとに、先読みしながら顧客獲得するため、広告や展示会の各種媒体で広報活動を展開をし顧客を獲得する重要な部署です。

見込みの顧客・ユーザーに対して適切な情報やコンテンツ、商品・製品・サービスを提供することで購買意欲を理解し対策をしていく仕事もマーケティングの仕事です。

  

以上が一般的な日本企業での部署とそれの役割です。

会社内にどのような部署があるか把握しておくことで、自分が求められているスキルや経験が、どの部署ごとにアプローチができるかを判断できる材料にしておきましょう。

各部署の情報を適切に押さえておけばさらに効果的なアプローチも可能になります。


無料就職・転職面談を受付中1分でかんたん登録