【全ての社員に活躍の機会があるフェアな社風】東証プライム上場のソリューションサービスを提供している企業を取材しました!【コネクシオ株式会社】

2022/04/28

【全ての社員に活躍の機会があるフェアな社風】東証プライム上場のソリューションサービスを提供している企業を取材しました!【コネクシオ株式会社】

携帯電話の卸売・販売及び携帯電話を利用したソリューションサービスの提供をされている企業です。 理念として、『人をつなぐ、価値をつなぐ』とあり、お客様へのサービスをしっかり考えておられる企業です。

インタビューでも優しさや楽しそうな雰囲気が伝わり、ぜひ働きたいと思わせてくれる企業でした。

・社員活躍推進部 ダイバーシティ推進課長 山田薫様
・社員活躍推進部 ダイバーシティ推進課 一倉萌英様
・量販ビジネス統轄課グループリーダー 森慎一郎様
・量販ビジネス統轄課 山本麻友美様

にお話を伺いました。

◆コネクシオの魅力や社風は?

隔たりのないフェアな社風

左から山本様、森様、山田様

ーー求人票に記載されていない貴社の魅力点(事業展開、社風、やりがい等)をお聞かせください。

「フェアな社風」が特徴です。当社では人は会社の財産とし、多くの従業員がそれぞれの部署で活躍しています。
全ての従業員が「フェアな社風」、チャンスや評価なども全て平等で誠実に与えられる職場環境が当社の魅力だと感じています。

◆エンゲージメントが高くお互い高め合う

ダイバーシティ推進委員会を設立

また、エンゲージメントの高い職場作りにも力を入れています。

福利厚生や労働環境を整える事はもちろんですが、同僚や上司・先輩などから刺激を受け、お互いを尊重し、高め合っていける事も非常に大切だと考えています。

更に、当社では2020年にダイバーシティ推進委員会を設立しました。今年で二年目になります。各部門から役職者を委員会メンバーとして選出し、各部門ごとに男性育休の推進や、障がい者雇用の強化、女性活躍推進などの取り組みを積極的に行っています。

私たちはコネクシオの企業理念のもと、これまで以上に社員一人一人の多様な価値を認め、誰もが主体的かつ自由に意見を交わせる、そんな風通しの良い組織風土をつくっていきたいと考えています。

◆全ての従業員が分け隔てないフェアな会社

フェアな環境がやる気につながっています!

ダイバーシティ推進課(人事担当)山田様、一倉様及び障がい者雇用枠で就業中の山本様にお話を伺いました。

  ーー 分け隔てのない、フェアな一例があれば教えてください。

人事担当:障がい者雇用のための評価軸はありません。全ての従業員が同じように評価されることはもしかしたら従業員にとって厳しいかもしれませんが、フェアな評価法をとっています。

 ーーフェアであることを感じている場面はありますか?

山本様:障がい者であるという軸で評価されていない点が嬉しく、やりがいに繋がっています。

  ーーそういったフェアなところは、面談などで感じられるのですか?

山本様:そうですね、障がいに関係なく皆さんと同じ評価をいただけるので、普段の業務で不安を抱くことなく働くことができ、やりがいを感じています。

 ーー そのような社風は創業時からですか?

人事担当:創業時から変わっておりません。

 ーー人事の面から見た会社で働くことのやりがいなどを教えてください。

人事担当:当社は年功序列なども一切なく、個人の成果がきちんと評価されます。そのようなところがやりがいに繋がっていると思います。

◆配慮事項は丁寧にお伺いします

コネクシオが行っていること

左から山本様、一倉様、山田様
ダイバーシティ推進課 一倉様にお話を伺いました。

 ーー実際に働いている方への障がい配慮(環境や設備、障がい理解などの受け入れ態勢、産業医等の配置)についてお聞かせください。

就業場所によりトイレや手すりなどの設備は異なります。バリアフリーはもちろん、面接の際にうかがって必要な配慮や就業上必要な設備があれば、可能な範囲で対応しています。

店舗によっては狭いため車椅子が難しいところもありますが、可能な限り対応しています。

必要な部分は面接などで確認して、業務に必要な支援機器として、拡大ソフト、拡大読書器、音声認識ソフト、屋内信号装置等も障がいに合わせて用意いたします。

配属に関しては本人の希望やこれまでの職歴等をお伺いした上でそれぞれの適性に合わせた仕事を一緒に考えていきます。そして、配属後についても担当者がフォロー面談を行い、必要に応じて産業医・保健師による健康サポートなどで長期就業への環境整備を図っています。

配属は希望や職歴を聞いた上でそれぞれの適職などを話し合いながら決めています。

 ーー本社が移転されたということで変化されたことはありますか

もともと本社にあったバリアフリーは新本社にも当然あります。特殊障がいや通勤に不安のある車椅子の方の場合、オフィスの中はバリアフリーであっても、実際に駅から本社まで安全に通うことができるのかを事前に確認します。「この道の方が楽だね」などと話し合いながら確認をしています。

 ーー在宅勤務の配慮はどうですか?

部署によっては在宅勤務ができない部署もあるのですが、できる部署では可能な限り在宅勤務ができるようにしています。

 ーー 時短勤務の配慮を頂く場合、雇用形態はどのような形になりますか?

短い時間になるので、当社ではパートやアルバイト契約になります。

 ◆会社の採用方針とは

左から一倉様、山本様、山田様

ーー 一倉様、会社の採用方針、求める人物像(障がいあるなしにかかわらず)についてお聞かせください。

≪「主体的に」「フェアに」「誠実に」「チームワークのもとに」「現場を起点に」判断・行動する≫という行動指針および、≪自己成長と社会(顧客・お取引先様)に価値を提供すること≫という理念に共感を示してくれる方を求めています。

そして自己成長や、社会やお客様に良い価値を提供しようという理念に共感できる方を求めています。

 また前向きで、主体的に仕事を進められる方が求められています。

人に仕事を与えられるのではなく、自分で考えて自分でしっかり行動できる主体性を持っている人です。

AIなどテクノロジーが進化している中、受け身で言われたことだけをしている方だと会社が生き残っていけないので、自分で考えて行動できる人を求めています。

ーー障がいのある方に対して特に気を付けていらっしゃるポイントがございましたらあわせてお聞かせくださいませ。

選考時には、面接の中でしっかり本音を伝えていただけるように工夫しています。特に配慮事項などはしっかりお伺いし、それを配属部署へ明確に伝達できるよう心がけています。

また、ご応募者様の業務イメージについて、入社後にミスマッチが起こらないよう面接の中で業務内容などなるべく具体的に説明し、ご希望がある場合は職場見学なども行っています。

 

障がいの有無で仕事が差別されないのがコネクシオ

ーー会社の制度(昇給、昇格制度や正社員登用制度、研修制度、特徴的な福利厚生等)について、どのようなものがあるかお聞かせください。

開放的で過ごしやすいリフレッシュルーム

 昇給・昇格制度や正社員登用制度はもちろんの事、社内の研修制度についても「コネクシオカレッジ」として様々な研修メニューを準備しています。 新人教育、フォロー体制はもちろんのこと、各階層別・役職別に様々な研修体系が揃っています。 また、自己成長/自己学習の為に自由に受講できる通信教育やe-ラーニングも豊富に揃っており、業務に直接役立つ内容だけでなく、PCスキルや語学を学ぶこともできます。通信教育に関しては一部有料のものもありますが、会社から補助金が出ます。また、会社が指定した資格を取得した場合は受験料を会社が負担します。

福利厚生については法定を上回る福利厚生を用意しています。有給休暇やライフイベントに関わるお祝金制度に加え、クラブ活動、レジャー施設や宿泊施設の会員優待などがあります。

 新型コロナさえなければ、横の繋がりを促進するための懇親会や部活動が活発に行われますが、今はできない状況にあります。

ーーIT、ICT、IOTというところを取り扱っておられると思うのですが、そういった学びは自主的に行っている方が多いのでしょうか。社内的な自己学習の取り組みはどういう方が多いですか?

ITリテラシーに対するものは会社としては用意していないのですが、そういった部門や部署であれば予算を組んで教育を行っています。在宅勤務への移行も準備していたのでスムーズにできています。ラインワークス (LINE WORKS)などは日頃から慣れ親しんでいるので、本当に高度なものでなければみんな普通に使っています。

ーー面接では障がいに対してどのような伝え方で配慮してもらうのがいいのでしょうか。

配慮事項については、入社してからご本人とのミスマッチが起こることのないように、本音で事前に全て伝えてもらいたいと思っています。そのためにも面接では、障がいを伝えていただきやすいよう工夫しています。

伺ったことは、配属予定部署に詳細に伝えられるようにしています。

障がい者に限らず、当社に対するイメージと入社してからのイメージに齟齬が生じないようになるべく具体的に説明して、希望があれば職場見学にも対応しています。

 ーー正社員スタートの基準で可能性の有無を判断されているのでしょうか。

一概には言えませんが、その方の経験を重視して判断しています。

専門性が高い方と言い換えても良いかもしれません。

ーー今後応募したいと思っている方に対するメッセージをお願いします。

 コネクシオを一緒に良くしてくれる人をお待ちしています!

◆ご就業中の障がいのある方へのインタビュー

おしゃれなオフィス(本社)
障がい者雇用で就業されている山本様よりお話を伺いました。

ーー御社の魅力(事業内容、業務内容、社風、やりがい等)についてお聞かせください。

2020年4月にコネクシオ㈱に入社した山本麻友美です。

私の業務は主に販売員の労務管理(勤怠関連・入退店処理・営業担当のフォロー)になります。

就職活動の際、実はコネクシオとは別の会社からも内定を頂いていました。

でも、最終面接の際に緊張でガチガチだった私に面接官の方々がとても温かく迎えて下さり、ユニークで笑いの絶えない最終面接となった事がとても印象的で、「この方達と一緒に働きたい」と思いコネクシオへ入社を決めました。またパソコンスキルが無い私に対しても「入社後にサポートするから大丈夫ですよ。」と声をかけて下さった事も大きなポイントでした。

入社後、障がい雇用ということで最初は不安もありましたが、分かりやすく一から丁寧に教えてもらう事で業務を行う事ができるようになりました。

パソコンに関しては本当に苦手で苦痛だったのですが、勉強会などを開いていただいたり、エクセルなどの研修も行って頂きました。

 分からない事などがあった際は嫌な顔せず指導してくれる会社だと感じています。

入社して1年近く経過しますが、最初はパソコンに慣れるのが大変でしたが、やっていくうちに慣れてきました。業務を行っていく中で営業担当の方から頼られる事があるととても嬉しく感じます。自分が身につけたスキルを誰かに教える事で自分自身の成長を感じています。

もともとコミュニケーションが好きなので、営業フォローの業務にやりがいを感じています。

ーー 面接が楽しかった、笑いの絶えない面接だったというのは、どういった感じだったのでしょうか。

私は本当にガチガチだったので、私の緊張をほぐしてもらえました。

仕事の話もしますが、明るい面接で、入社してもこういう雰囲気なんだろうなと思い、決めました。すごく居心地が良いと感じました。

 ーー御社の障がい配慮や設備、職場環境について魅力だと感じるところをお聞かせください。

下肢障がいがあるため、在宅勤務をメインに就業させてもらっています。

通勤に1時間半ほどかかるので、在宅勤務がメインである事はとても有難いです。特に雪の日や足の痛みがある日などは会社を休む事無く在宅勤務で働けるので助かっています。

 障がいの配慮について、不便な事や不安な事も相談にも乗ってくださり、対処をすぐしてくれるので、安心して働く事ができます。

 今回、初めて障がい者雇用という働き方を選択しましたが、障がいについて配慮してくれる事で、自分の出来ることを最大限に行う事ができ、更にステップアップしていきたいという気持ちも湧いてくるので障がい者雇用という働き方を選択して良かったと感じています。

私は中途障がいなので、障がいに慣れていなくて、ちょっとでも不安な時があり、謎の痛みが出た時も産業医に相談に乗っていただいています。障がい者雇用ということで、不安もあったのですが、こまめに産業医に相談したり、障がい以外にも色々後遺症を抱えているので、それも相談し、すぐに対応してもらえるところがありがたいです。

 季節によって痛みも違うのですが、「季節大丈夫?」と声をかけてもらったり、雪の日は在宅勤務対応にしていただきます。

 私は腰も後遺症があるので長時間座れないのですが、そういう時にクッションを用意してもらえたり、本当にその都度対応していただけるので、不安なく働くことができています。

 ーー今後の展望や目標があれば教えてください。

もっとパソコンスキルを上げていきたいですし、今は契約社員ですが、いずれは正社員になれるように頑張りたいです。そのためにもパソコンスキル、業務スキルなどを上げて自分にとってプラスのなるようになることが目標です。

ーー山本様の1日のスケジュールの例について(就業時間前後も含めて)お聞かせください。

就業時間は9:30~18:00までです。 

9:30~9:45     朝礼
9:45~10:00   メールチェック・一日のスケジュール確認
10:00~11:00 社内申請処理
11:00~12:00 シフトシステムへの入力業務
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~14:00 営業担当への電話対応・派遣スタッフ対応
14:00~15:00 社内申請処理・スタッフ入店退店処理
15:00~16:00 派遣スタッフ対応
16:00~17:00 課内打ち合わせ
17:00~17:30 電話対応
17:30~18:00 メールチェック・明日の業務確認
18:00             業務終了

◆会社での過ごし方について

左から森様、山本様
ダイバーシティ推進課の一倉様よりお話を伺いました。

ーー1日のスケジュールの例について(就業時間前後も含めて)お聞かせください。

就業時間は9:30~18:00までですが、現在は在宅勤務により通勤時間がないので、8:30~17:00までのフレックス勤務を行っています。

8:30~9:30    メールチェック・一日のスケジュール確認
9:30~9:45    朝礼
9:45~10:00  ミーティング準備
10:00~11:00 課内ミーティング
11:00~12:00 WEB面接
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~15:00 ご応募者様の対応・請求書処理・社内資料作成・電話対応
15:00~16:00 ミーティング
16:00~17:00 メールチェック・明日の業務確認
17:00     業務終了

ーー社内イベントやサークルがあればお聞かせください

サッカー、テニス、フットサル、野球、ゴルフなどのクラブ活動が充実しています。

社内イベントとして年に1回新年会も開催していましたが、いまは感染防止のため

開催を見合わせています。

 ーーお昼休みの過ごし方や、オフィス周辺でおすすめのランチスポットがあればお聞かせください。

当社は2022年1月に本社が新宿から神谷町に移転しました。

更にいまは在宅勤務がメインになっているため、まだランチスポットなどが開拓できていません。コロナが収束したら色々と開拓してみたいと思っています。

 ーーお仕事以外の時間(休日、就業時間前後)の過ごし方についてお聞かせください。

在宅勤務が多く、通勤もなくなった事から平日はほとんど外出しないため、なるべく休日は外に出て少しでも身体を動かすようにしています。

今はあまり遠出などが出来ないので、自宅で過ごす時間を有効活用できるように資格取得のための勉強をしたりしています。

 ーー貴社で特に輝いている方(定年退職された方、再雇用された方も含めて)がいらっしゃればお聞かせください。

私が所属しているダイバーシティ推進課では、時短勤務で小さなお子さんを育てながら働いている女性社員や、障がいをお持ちの方々など様々な方と関わる機会が多くあります。

皆さんそれぞれが、個々の持つ強みや個性を最大限に活かしながらお仕事をしていて、皆さんの輝いている姿に日々影響を受けています。

最後に

左から山田様、一倉様、山本様、森様

前向きで主体性のある方なら積極的に採用されているとのこと。

職場の皆さんも障がいについての理解があり、なんでも話せる企業様だと感じました。

本日はお忙しい中、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

 

関連する求人

【隔たりのない「フェアな社風」で安心して就業】事務系オープンポジション【障がい者求人】

【隔たりのない「フェアな社風」で安心して就業】事務系オープンポジション【障がい者求人】

  • 上場企業
  • 若手・20代活躍中
  • 学歴不問
  • 転勤なし
  • 駅から徒歩5分以内
  • 残業月20時間以内
  • フレックス勤務
  • 年間休日120日以上
  • 育児支援制度あり
  • 従業員1000人以上
  • 産休・育休取得実績あり
  • PCスキルが活かせる仕事
  • コミュニケーション能力を活かせる仕事
  • 正社員登用あり

2022/02/28

無料就職・転職面談を受付中1分でかんたん登録