【新卒・第二新卒就活生インタビュー】リコモスはエージェント以上の存在として信頼できる、心を委ねることができる場所でした 先輩社員/山川 清美 様

2020/12/21

【新卒・第二新卒】リコモスで就職を成功された先輩社員/山川 清美 様

リコモスで新卒・第二新卒の就職活動をご支援した先輩社員に、障がい者採用枠での就職活動で感じていた不安やリコモスのサービスを利用して感じたことなどをインタビューしました。これからの新卒就職活動の参考にして頂けますと幸いです!

1.就職活動を開始する上で不安だったこと

 私は障がいにより大学を留年する必要があった為、卒業する為の単位取得に前期は集中し、実際に就職活動を進めたのは大学四年生の6月頃からでした。まずは自己応募で就職活動を進めていましたが、入社後に障がいのことをどれくらい理解してくれるものなのか、不安がありました。また、最初は事務職ではなく販売職を志望して就職活動を進めていましたが、自分に本当に合っているのか不安がありました。

2.障がい者採用枠で就職活動を開始した理由

 最初は一般枠で就職活動を進めていましたが、本当に障がいのことを理解してくださるのかずっと不安がありました。家族から、障がい者採用枠で就職活動を進めた方が、結果的に負担が少ないんじゃないかとアドバイスを受け、障がい者採用枠での就職活動をスタートさせました。

3.リコモスに登録したキッカケ

 スタートが遅れてしまっていることもあり、自分一人で就職活動を進めるのは大変なんじゃないか、難しいんじゃないかと考えはじめ、リコモスに登録しました。自分に自信がなかったので、本当に私に合った求人があるのか不安でしたが、リコモスはプライベートオファーサービスがあり、色々な求人を紹介してくださったので安心できました。また、同時期に他の就職エージェントにも登録していましたが、他のエージェントと比べて求人の紹介数が多かったです。

 求人の詳細は求人票だけでは分かりにくいですが、リコモスの場合、毎回求人情報について詳細を丁寧に教えてくれたので、企業の理解も深まりました。他社だと自ら調べなくてはいけなかったので、エージェントを使っているものの、私自身が動かなくてはいけない感じがありました。
 また、職種についても、私の性格やこれまでの経験を聞いた上で販売職ではない事務職をお勧めしてくださり、実際に私には事務職が合っていると思ったので、面談で相談できてよかったです。事務職を志すようになってからはパソコン教室にも通い始め、よりパソコンを使用した仕事の楽しさに気付くことができました

4.自身が就職活動をする上でどのような課題を感じていたか

 面接で質問に対して上手く答えられず、課題を感じていました。特に志望理由やその企業に対する意気込みは、その企業のことを調べれば考えられるのですが、自分のことは分かっているようで分かっていないので、どうアピールしたらいいか分かりませんでした。また、障がいについてもどんな風に説明すればいいのか、よく分かっていませんでした。

5.リコモスを利用して解決できたことや、成功できたこと

 面接の質問事項に対して、どんな風に自分の経験をアピールすれば良いのか一緒に考えてくれるので、前よりも自分自身のことを上手くアピールできるようになりました。学生時代の思い出などから評価されるエピソードを選んでくれるので、より企業側に自分のことが伝わりやすい文章で伝えることができるようになっていったと思います。

 また、障がいの症状についても理解が深まりました。リコモスが詳細に障がいについてヒアリングしてくれるので、自分でも気付けていなかった障がいの傾向について理解することができ、企業側にも上手く伝えることができるようになりました。面接の模擬練習も何度も行ってくれたので、あまり緊張せずに話せるようになっていったと思います。
 私のことだけではなく、企業のことも細かく紹介してくれたので、企業研究も楽でした。

6.リコモスのサービスや環境について

 心を委ねても良いエージェントだと思います。細かいところまで企業のことを教えてくれて、私のことを日々考えてフォローしてくれていたので、安心できました。ただ企業を紹介してくれるだけではなく、生活面についても心配をしてくれることもあり、エージェント以上の存在として信頼していました。

7.これから就職活動を始める後輩に向けて

 絶対に就職活動はエージェントと一緒に行った方が良いと思います。特に、リコモスは信頼できるエージェントなので、自分の障がいのことや企業選びのことなど、なんでも相談をしてみて欲しいです。また、自己応募をすると面接調整一つするにもメールの文章に誤りがないか、失礼がないか丁寧にチェックが必要で大変ですが、リコモスを使用した就職活動であればリコモスが企業側に連絡してくださるので、楽をさせてもらえたと感じます。

 また、なんらかの病気・疾患をお持ちの新卒の方は、一度障がい者採用枠を考えて欲しいと思います。やはり一般採用に比べて、採用担当者の方が入社前から病状について質問してくださって、理解してくださるので「ちゃんと分かってくれている」と安心感があります。入社前から入社後について不安を持たなくて済むので、私は障がい者採用枠でもっと早く始めたらよかったと思っています。

無料就職・転職面談を受付中1分でかんたん登録